失恋の傷を癒してくれたのは…。

同棲していた彼女が出て行って一ヶ月が過ぎた頃、寂しさからデリヘルを呼びました。
今まで一度も風俗を利用したことは無かったんですけど、彼女のことが忘れられなくて忘れたくて風俗を利用することにしました。
彼女はもうきっと鹿児島にはいないんだろうと思うと悲しくて未練タラタラの自分が嫌で、やけになってたっていうのが一番の理由かもしれません。
初めてのデリヘルは、同棲して楽しい思い出がいっぱい詰まった部屋に呼びました。
彼女とは全く別の雰囲気の女の子で、明るい雰囲気で楽しませてくれました。
ただ、やっぱりアッチは全く反応を示さなくてショックから立ち直れていない自分にさらにへこむ結果になってしまったんですけどね。
デリ嬢の女の子は気を遣ってくれて、部屋に写真とか残ってたのを見て察したのか、ただ黙ってそばにいてくれました。
横で抱きしめてくれるデリ嬢に、身体は反応しなかったけど、気持ちは少しだけ癒されたと思います。
帰ってこない彼女を吹っ切るためのきっかけをくれたこのデリ嬢にはとても感謝しています。

類似記事