僕の初体験。

福岡の大学に進学してきた僕は、一人暮らしを始めて学校に行きながらバイトのかけもちでお小遣いを稼いでいました。
親からの仕送りはあったけれど、自分の遊ぶ金ぐらいは自分で稼ぎたかったので、バイトをいくつもかけもちしたんです。
というのも、僕はそれまで彼女なんていたことが無く、早く童貞を捨てたいと思っていました。
童貞を捨てることできっと自分は今よりもずっと大人になれるだろうと思ったんです。
童貞を捨てるには、風俗に行くつもりでした。
幸い、福岡には中洲という大きなソープ街があって、僕みたいなへタレの童貞が卒業するには最高の場所だったんです。
ただ、中洲が高いということは知っていたので、とにかくバイトで生活費や小遣いを作って貯めました。
ソープランドでの初めての相手は僕よりも少し年上の女の人でした。
初めてだと緊張しながら伝えた僕をリードしてくれてすごく気を遣ってくれたのを覚えています。
一度抜いてリラックスしてから挿入し、気持ち良さのあまり三回もイッてしまった僕を笑いもせず褒めてくれました。

類似記事