女の子がマッサージしてくれるとのことその言葉に甘え、マッサージをしてもらいます

またもペロンと舌舐めずりし、チューから始まる高級デリヘル嬢の攻めの開始。リップサービス自体は親切丁寧です。きん玉舐めをしてもらいフェラチオに移行。フェラチオの相性はすこぶる良く、このままでも逝けそうだ。時々チラ見をしつつ、「スマタする?」と言われスマタの開始。天然のおま○こ愛液ローション具合をチェックし、騎乗位からのスマタ。激しい腰使いに逝きそうになったところで、座った状態でのブレイクタイム。おっぱいを揉み揉みし、チューをしてそのまま押し倒します端っこに寄せた掛け布団を枕代わりにし、女の子を包み込むようにして正常位スマタ。深夜の時間帯に妙なモチベーションの二人が、腰振りとアフンアフンよがり声を繰り返し波が訪れます。僕「逝くよ。」女の子「どうぞ」無事精液どぴゅっと発射をしました。発射後、後処理をしてしばし休憩。その後仲良く博多駅まで一緒に行き分かれました。

類似記事